ハイクオリティーなこだわりの「住まい」と「お庭」

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

戸建の新築や外構工事、リフォームの現場で起きた事や、展示会やショールームの様子、またはプライベートで起きた事など、様々な話題をアップしています。

2019年8月1日

夏季休業のお知らせ



暑中お見舞い申し上げます。

梅雨が明け、ついに8月になりました。

ここ数日でぐっと気温が上がり、すっかり夏らしくなりました。


夏休み、どこかへお出かけはされますか?



令和最初の夏、思いっきり遊びまくるぜ!!という方も
夏休み?なんだそれ?という方も
主婦・主夫に休みなんてないわ!という方も


皆様、夏バテ・熱中症 十分にご注意を。。

ご自愛くださいね。

さて、当社では

2019年8月9日(金)~8月18日(日)

夏季休業とさせていただきます。

19日(月)からは通常通りの営業となりますので、
何卒宜しくお願い致します。


令和元年 盛夏

2019年7月8日

湘南ひらつか七夕まつり~きらびやか編~



湘南ひらつか七夕まつり、終わってしまいましたね。

皆様はお祭りに行かれましたでしょうか?
織姫には会えましたか?



前回の記事ではお祭りが終わってしまった後
まさに後の祭りのお届けでしたが、

今回はきちんとお祭り時間内の様子をお届け。

関東最大級!と言われるだけあって、

毎年個性豊かな飾りが通り一面に並び、
お天気はイマイチにもかかわらず、大勢の人でにぎわっていました!


個人的に楽しみにしていた等身大のミューツーは
時間が間に合わず、見ることができませんでした.....残念






ちなみにこの飾りに使われた竹、おおよそ500本と言われていますが
お祭りが終わったらどうなるかご存じですか?

毎年破棄されていましたが、今年は

昨年使われた竹の一部を炭焼きにして、100円で袋に詰め放題!
という取り組みが実施されました。

竹炭には除湿、消臭の効果もあるので、良いですね!


もし来年も出店されていましたら、チェックしてみてください。



平塚市の一大イベントが終わってしまいましたね。

また来年も素敵なお祭りになりますように。


さて、今年は織姫と彦星は会えたのでしょうか...?

2019年7月6日

湘南ひらつか七夕まつり~後の祭り編~

七夕まつり スタートしましたね!


令和最初の七夕まつり
今年は5日、6日、7日の三日間

昨日は5日、初日でしたが、皆様はもう行かれましたか?


私は夜に飾りをみにいきましたが、雨が降ってしまったので
屋根がある位置から見える飾りしか写真撮ることができませんでした。。

メイン通りのキラキラな飾りを掲載する予定でしたのに。。。

お祭りは21時まで(最終日は20時まで)です。

写真は、お祭りが終わった後でしたので、暗めですね。スミマセン

チャンスがあれば、きらびやかな写真を皆様にお届けしたいと思います。




今年も様々なイベントが開催されるようです。

湘南ひらつか七夕まつり イベント情報

個人的には等身大のミューツーが気になります。


2019年6月25日

ルッコラちゃん始めました。



小さなスペースで簡単に始められる「ポタジェ」

ポタジェとはフランス語で”家庭菜園”


プチポタジェという商品のルッコラを始めてみました。


この袋に、必要な土や種が既に入っているので、
袋をあけて種をまくだけ。お手軽。



裏面の説明書きを熟読して、さっそくやってみました。


袋の底に穴をあけて
土を湿らせて
種をまいて、土を少し被せて
また上からすこしお水をやりました。

おお、それらしくなりました。


日当たりがいい室内に置いておくみたいなので、
ショールーム内の窓際に置いてみました。


土が乾いたらお水をやって、
発芽したら間引きするみたいです。


小学生の頃、自由研究で家庭菜園をやろうと、
数種類ハーブを植えてみましたが、発芽すらせず
夏休み、THE END という思い出があります。

説明書き通りにやったのに...ちぇ

なのでこちらのルッコラちゃん、超個人的なリベンジです。

うまくいったら、途中経過も含めてブログに掲載しますね。^^

しばらく経ってもルッコラちゃんの記事が掲載されなかったら.......

.......その時は察してください。

2019年6月4日

ショールーム紹介【キッズコーナー】



6月に突入~!

すっかり夏らしい気温になってきましたね。

春は一瞬で過ぎ去ってしまったような。。?


当社ショールーム駐車場内に
ダイドーさんの自動販売機が設置されていて

定期的に、販売する飲み物の入れ替えが行われるのですが

コナンくん発見。。


ラベルが6バージョンあるんですよ。

更新担当はコナンくん好きなので、
コンプリートを目指しています。

(1本社長が買ってくれました)

ちなみにアタリ機能付きの自動販売機で、当たったらもう1本!
令和最初の運試しはいかがでしょうか?

ちなみに更新担当は当たったことがありません。

さて今日は、当社ショールームの
【キッズコーナー】をご紹介

このキッズコーナーのすぐ横にもお席があるので、

お打合せはお子様とご一緒でも安心!


アンパンマンが観られます^^

お気に入りのDVDをご持参頂ければ
こちらで自由に観て頂けます。



ちなみに、テレビ回線とは繋がっていないので、
テレビ番組を観ることはできません。。。


更新担当が入社してから1度だけ、

放送受信料の契約や回収をされている
訪問員(NHK)の方がいらっしゃったことがあります。

テレビモニターが表から見える位置にあるので、それでかな?

DVD専用なのですとご説明しましたが、疑われていました。きっと。(笑)

お飲み物も(美容院張りに)様々ご用意しております!

おすすめは、、カルピスですね。
夏×カルピス サイコーー!




打合せはじっくりとしたいけど、子供が待っていられるか心配。。

なんて方も、ぜひお子様と一緒にご来店ください!

2019年5月18日

職人のこだわり!色の境目はどう決める?-見切り-

GW 今年は異例の10連休でした。!

皆様は、どのように過ごされましたか?


前半はあいにくの雨続き。。

せっかく、鯉のぼりとスカイツリーとのマッチなのに
THE!!曇天!!ですね。映えませんでしたね。(笑)

後半は晴れ、お出かけ日和でした。よかった~。






さて、今回は塗装の\ 職人技 /をご紹介。


壁を塗装していく中で、場所によって色を分けることがあります。

これは壁(薄ピンク)と軒裏部分(白)


塗装は人が手で行うので、この壁同士の色の境目を決めるのも、人。

色の境目があいまい、色の付き方もまだらだと
かっこよくないですね。。





絵の具やえんぴつでも、まっすぐな線を描くとき
フリーハンドでは難しいです。

壁の塗装は、範囲も広く大きいので、もっと難しいです。


そこで、こちらの職人技。


境目となる部分にテープを貼っておき、
その上から少しオーバーぎみに色を塗ります。

そして、テープをはがすと。。。

!?


きれいな直線!!


フチがしっかりきれいな直線だと、メリハリがあり
やはりかっこいい。

壁と壁の境目を決める、ライン出しを
職人さんの用語で、「見切り」といいます。


このように、テープを使ってまっすぐきれいな仕上がりにする職人技
コーキング工事でもご紹介しました。

壁のつなぎ目にキレツ!”コーキング工事”とは?

細かい部分ですし、特に屋根に近い高い部分なんて
人の目に付きづらく、多少雑でも気づかない(コラコラ)のに

細部にまで丁寧。粋な職人さんのこだわり。


脱帽。

2019年4月27日

淡いピンクのお家→素敵なあずき色のお家!



これまで数回にわたってご紹介してきました
『淡いピンクのお家』シリーズ



ついにすべての工程が終了し、完成しました!!!

/大変身!!\


今回も淡い色から濃い色への大変身でした。

ビフォーアフター並べてみましょう



⇒⇒⇒

雰囲気がぐっと変わりました~!



上の写真は少し暗くて色味が分かりづらいですが、TT

壁のお色味はこちら ↓↓





更新担当的に、何が一番驚いたって、、

屋根です!!




⇒⇒⇒


ひえ~!!

違うお家の屋根なのか?!!!(※同じお家です)


塗り途中がこちら ↓

新しい屋根材を貼ったかのような目の錯覚(?)




今回のお家は、経年によりかなり劣化してしまっていたので、
色を乗せる前に、厚めの下地(厚膜シーラー)をしました。


厚めの下地をせずに塗装してしまうと、

傷んでいる箇所はすごく色を吸ってしまい
仕上がりに色ムラが出来てしまうそうです。TT


もちろん、屋根の現状を見て必要がないお家もあります。






↓ 破風もきれいになりましたよ~! ↓

風を破る。破風(はふ)とは?

板のつなぎ目も見えず、
きれいなホワイトに生まれ変わりました☆

今回のお家、おおよそ1ヵ月の工期のなかで、

屋根・外壁の塗装工事、コーキング工事、破風工事…と盛りだくさんでした。

工事期間中は雨の日も多く、塗装工事には少し心配なお天気でしたが、
無事に工事を完了することができました。


工事中、ご理解とご協力を賜りました、お客様
ならびにご近隣の皆様には誠に感謝申し上げます。



今後ともサポートさせて頂きます!

2019年4月24日

風を破る。破風(はふ)とは?

あっ、ボロッとしてる。。

こちら絶賛ブログ更新中の『淡いピンクのお家

ちょうど壁を塗り途中なので、左右で色が違いますね。
右がビフォーの淡いピンク、左がアフターのあずき色です。




この、ボロッとしてしまっている部分破風(はふ)といいます。

↓この部分

建築会社に勤めているのに、この画力。信じられない。
失礼いたしました。





「風を破る」と書いて破風。

そう。風が屋根裏に侵入するのを防ぐ為の日本建築。
雨水の侵入を防ぎ、それに防火の役割もあります。


経年劣化により塗装がはがれ、ヒビが入ってしまいました。
これでは風を破る役割を発揮できず、雨漏れの心配もあります。




ではさっそくスタートしましょう!

まずはサイズに合わせて板をカットしていきます。




カットする音は迫力がありますね。。
ぜひ音ありで観てください。



フラミンゴ工法
私が今勝手に名付けました。




こちらは、上の写真とは別箇所の破風↓

元の破風を取り外して交換、するわけではなく、
上から新しい破風板を貼って補修します。

塗装だけで保護するよりも、耐久性、耐火性が良く
交換するよりも安価で、工事の日数も少なく済みます。


先程大工さんがカットした板を取り付けます。


そして。。

\取付完了!/

きれいになりました~!


このあと、上から塗装します。

壁、屋根、破風と完成がますます楽しみです^^


2019年4月22日

淡いピンクのお家、塗りスタート!


コーキング工事も終わり、ついに塗りがスタートです。
(前回の記事はこちら)

何色にするか、コーキング工事が終わった後も、
ギリギリまで一緒に悩みました。



どんな色にするかおおまかに絞ったら、
色を板にして、どんなふうか見ます。

実際に板になると、色見本帳とはまた少し違って見えます。

今回、「あずき色」がご希望でした。

最終的に、この2色まで絞りました。
どっちにしよう。。

左のあずき色は、濃いめの、茶色みがある落ち着いた色。
右のあずき色は、明るめで、少しピンクみがかった色。

光沢のお陰で、撮影した私のシルエットが写りました。(笑)




そして、、、決まりましたよ!

選ばれたのは、、、


ドゥルドゥルドゥル.....(ドラムロール)



\ ドドン!! /

じゃーん!

見本板左の、落ち着いたあずき色になりました。




ではさっそく、”下地処理・下塗り”からスタートしていきます。

コーキング工事でもご紹介しましたが、
”下地”が大切。

あずき色をきれいにのせるために、
面をきれいに整え、塗料のノリが良くなるようにします。

この下地がしっかりとされていると、色モチもよくなります。




そして次に、”中塗り”


こちらはまだ塗り途中なので、
ビフォーアフターがわかりやすいです。

あずき色がのりました!きれいな色です。




乾いたら、続いての工程”上塗り”

中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。

(私には、中塗りだけでもじゅうぶんにきれいに見えましたが、;;)



この、『下塗り・中塗り・上塗り』の3回塗装が基本。

下塗りで塗装面を整え、
中塗りで色を付け、
上塗りで仕上。

均一で色モチの良い美しい外壁へと仕上げます。

職人技ですね。




ゴールまでは、あと少し!

”ペンキ塗りたて”と書かれていると 触りたくなってしまいませんか?

…もちろん。ガマンしました。(笑)



2019年4月17日

屋根塗装は、お家の兜を守ります!

先日からご紹介している、淡いピンクのお家。

(前回の記事はこちら)

外壁塗装、コーキング工事と一緒に、
今回は屋根塗装をご紹介。



屋根は家の兜! 雨風、強い日差しなどから毎日守ってくれています。

そんな兜を保護しているのが、塗装。

兜が壊れて高額な交換工事....なんてことにならないように
外壁の塗装と同じように、屋根の塗装もやりましょう。


屋根の塗装の目安は外壁と同じ、\10年/

外壁塗装と一緒にやれば、足場の費用は1回分でいいし、
並行して出来るので、一石二鳥です。



まずは、外壁と同じく屋根も高圧洗浄。



汚れを落として、屋根に色を塗る前に、
棟板金(むねばんきん)サビ止め塗装」をします。

棟板金とは、屋根のとんがった部分についている、山型の金属のこと。

これがないと、とんがった部分から雨や風が入ってきてしまいます。

↓この部分


サビ止めは朱色

このサビ止めの上に塗装をするので、
完成が朱色というわけではありません。

洗浄した後なのに、屋根の色がまだらで汚れて見えるのは、
塗装がはげてしまっているからです。

このまま放置しておくと、兜がダメージを受けてしまいます。TT





もう一つ大切な、タスペーサー工事

屋根は、1枚の板がペターっと貼られているわけではなく、
いくつかの屋根材が重なってできています。

その屋根材が重なった部分、実は少し隙間があり、
その隙間から雨水を排出したり、通気したりしてくれます。


塗装するとき、その隙間を塗料でふさいでしまわないように行うのが、
『タスペーサー工事』(縁切り工事ともいいます)

↓ タスペーサーとは、差し込む部材の名前です。 ↓


この隙間がないと、屋根材の裏に水が溜まりやすくなり、
雨漏れや、腐朽の原因になってしまうのだとか。

塗装、サビ止めと同じく大切な工事のひとつです。




*----*----*----*


そうしていよいよ、屋根に色を塗っていきます。


屋根はあまり外から見えないし、やらなくてもいいか、と思われがちですが、
兜を守るためにも、外壁塗装と一緒にやるのがおすすめです。^^


2019年4月16日

壁のつなぎ目にキレツ!”コーキング工事”とは?

!?

壁に、、キレツ!!



と、言っても壁そのものにキレツが入っているのではなく、
壁と壁のつなぎ目の部分のキレツです。

大丈夫。ぺろーんと取れます。ホッ


この壁と壁のつなぎ目についているゴム状のシール
これを『コーキング』といいます。

caulk [動] (すき間、つなぎ目を)ふさぐ

caulkingでコーキング。ふさいでいるという意味ですね。ふむふむ。

このコーキングがあることによって、雨や風からお家を密閉して守ってくれます。

キレツが入ってしまったのは、経年劣化によるものです。。

交換工事の目安は、10年

壁も10年が塗り替えの目安と言われています。


お家を建てたあなた、お家を建てる予定のあなた、
お家を建てる夢を見ているあなたも、
なにかと\10年/が目安と覚えていってください。



塗装とコーキング工事をセットでご依頼頂くお客様が多いです。

一緒にやれば、足場の組立・解体の費用も1回分でいいし、一石二鳥!


カッターでピーッと切って
ぺろーんとはがすと、、→→

中はこんな感じなのですね。おお~




↓↓ さあ、さっそく交換していきましょう。↓↓

まずは、プライマーを塗り塗り。

コーキング材の密着を良くするためのものです。
ネイルやお化粧と一緒ですね。


そしてコーキング材の充填!


次に、充填したコーキング材を、ヘラを使ってならします。

右側がならす前、左側がならし中です。



そして、コーキング材が完全に固まってしまう前に、
先に貼っておいたマスキングテープを余分なコーキング材ごとはがすと!

おお~!きれいにはがれて均一な仕上がりになりました。

ずっと緑色のテープが貼られていたのは、この為なのですね~

*----*----*----*


いかがでしたか?

コーキングの交換工事って何?が伝わりましたでしょうか?


今回の工事、古いコーキングをはがすのを職人さん1人で1日、
交換の作業を職人さん2人で2日。でした。

写真でご紹介した、壁のつなぎ目のコーキング材の交換を、今回のお家は20~30ヵ所。

窓のサッシまわりは、元のコーキング材の上から
新たなコーキング材を充填する作業をおおよそ20ヵ所行いました。

もちろん、屋根に近い高いところまで細かく丁寧に交換しました。


こちらのお家、塗装工事とセットでご依頼いただいておりますので、
引き続き塗装工事を進めます。




そう。前回ご紹介した淡いピンクのお家、次は何色にする?」のお家です。
(前回の記事に飛びます。)

これからどんなふうになっていくのでしょうか!!



2019年4月8日

淡いピンクのお家、次は何色にする?

\続いてご紹介する新たな塗装工事はこちらのお宅/

2階建で、柔らかいピンクが印象的なお家です。

元はもう少し濃いピンクだったそうですが、
10年以上経過し淡い色になったので、
塗装しようとご依頼頂きました。


まずは、何色にするか一緒に考えます。

お客様の「こんな色がいいな」をお聞きし、
たくさんある色見本も参考にイメージを絞ります。

例えば、「」といっても、
茶色がかった濃い赤
ピンク味のある明るい赤など、様々です。

また、色見本で見た色も、実際に壁に塗ると
少し違った風に見えます。

「色」は奥が深いですね。。

そうしてイメージを決めたら、ご近隣へ工事のご挨拶もさせて頂き、
\ いよいよ工事のスタート! /

まずは足場をかけます。

午前中のうちに足場かけが終わりました。スピーディー!
今回は屋根も塗装しますので、足場は屋根まで伸びています。


*----*----*----*


そして「洗浄」の工程へ。
職人さんが高圧洗浄機でバーーッと洗っていきます。

気持ちいい~。汚れが取れて色が変わっていく姿見てたい~

自分でお家を洗うのってなかなか難しい&大変なので、助かりますね。

長年の汚れと共に日頃の疲れも洗い流してほしいものです。

お家の頭からまるっと洗浄!
水洗浄するだけでも、かなり綺麗になります。


左が洗浄前の屋根、右が洗浄後の屋根です。

洗浄前はコケ(?)がついています。
おわかりいただけただろうか。。

屋根の後はもちろん壁も上から下へとしっかりと洗います。

洗浄の作業も、朝からスタートしてお昼過ぎには終わりました。
職人さん1人でまるっと一軒!洗浄完了です!すごい。


TOPへ戻る

資料請求 無料見積もり お気軽にお問い合わせください。 フリーダイヤル 0120-64-3331
建物施工事例
外構施工事例
CONTENTS
おすすめ商品
お客様の声
サービス内容
料金について
スタッフ紹介
イベント案内
よくある質問
お仕事の流れ
スタッフブログ
塗装工房
MAP
INFORMATION
会社概要
求人情報
リンク集
個人情報保護方針
サイトマップ
お問い合わせ
for MOBILE
アトラスモバイルでいつでもどこでも最新情報をGet