ハイクオリティーなこだわりの「住まい」と「お庭」

HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

戸建の新築や外構工事、リフォームの現場で起きた事や、展示会やショールームの様子、またはプライベートで起きた事など、様々な話題をアップしています。

2018年4月21日

平塚市M様邸外装塗装工事が始まりました。④

洗浄、養生

『洗浄、養生』

 

洗浄とは、専用の機械から水を噴射させ、その圧力によって外壁や屋根に付着したゴミや汚れをきれいに落とす作業のことです。  外壁塗装は、経年劣化によりホコリ・コケ・カビといったゴミが付着したり、塗料を覆う塗膜の密着力が弱くなったりします。そのような状態のまま塗装を施すということは、ゴミを挟んだままあえて密着しにくい外壁に塗料を塗るようなもので、早期の剥がれにつながりかねません。 塗装前に高圧洗浄を行うことで、ゴミや汚れの除去はもちろん、古い塗膜も取り除くことができます。

下地処理

『下地処理』

 

ヒビ割れにシーリングを充填、剥がれた塗料の除去、サビ止めの塗布などで下地を調整し塗料の密着を高めます。

下地補修作業の出来が、後の仕上がりに大いに影響します。 裏を返せば、この作業の出来次第で不具合が発生したり、塗料の剥がれの原因を引き起こしたりします。ですので、ここが職人さんの腕の見せどころと言っても過言ではありません。 作業内容は素材により変わります。

2018年4月15日

平塚市M様邸外装塗装工事が始まりました。③

足場作業

『足場組み作業』

  塗装工事に一番大切な足場組みが始まりました。

作業を安全に行うため、足元がしっかりした状態でないと、職人さんが確実に作業することができません。

素敵な外壁・屋根に仕上げるためには大切な工事です。


足場作業

 

 職人さんになった気分で考えてください、パイプだけでグラグラした足場の上でいい仕事が出来るでしょうか。本来お施主様は、家を綺 麗に、又外部を保護する為に、塗装をするわけですから、しっかりした足場は、作業の安全と質のいい工事をするために大切なことだと思います。

2018年4月8日

平塚市M様邸外装塗装工事が始まりました。②

植木剪定前

工事前の準備

ご近所へのご挨拶。

塗装作業と足場を立てられるように、建物周辺の確認と準備を行います。

今回は、作業に支障があるため植木の剪定も行いました。

植木剪定

 『庭造りを楽しみましょう!』

 ご自宅の庭木や植木を常に整え、より長持ちさせるためには、 日々のお手入れとプロの剪定が欠かせません。 ご自宅で楽しむ庭造りは、規模が大きくなってしまうと、なかなか自分一人では手がつけられません。 庭のスペースが広くなったり、植え替えが発生したりするとなおさらです。 そんなときに手助けをしてくれるのが、造園業者、いわゆる植木屋さんです。 伸び放題の枝をきちんと剪定し、一番その家にふさわしい庭造りを演出してくれます。 しかし、一度でも利用したことがある方ならおわかりかもしれませんが、慣れないうちはなかなか植木屋さん選びは難しいものです。 「大切な庭木、植木だから長持ちさせたい。だからこそ、業者選びもしっかりしたい」そんな庭造りにこだわりを持つ方は、 お手入れ方法や植木屋さん選びのポイントをしっかり押さえて、ご自宅の庭木・植木をもっと生かして、自慢の庭造りを楽しみましょう。

2018年4月1日

平塚市M様邸外装塗装工事が始まりました。①

外装塗装工事

今回のは、外装塗装のご依頼です。

 

屋根:スレート瓦(カラーベスト)

外壁:塗り壁

 

 建物は築10年以上経過しているので、外壁の汚れや劣化が出始めてきます。どのような素材でも、タイミングの違いはありますが塗り替えは必要です。

 

 「塗装」というと、多くの人が見た目をきれいにする為(美観を保つ)と思うのではないでしょうか。 しかし、本来の目的は美観を保つことではなく、大切なお住まいを長く守る(建物を保護する)ことです。建物を塗膜(塗料が固まったもの、塗料の膜)によって防水し、寿命を伸ばしてあげる必要があるのです。 建物は、毎日雨や紫外線を浴びているため、塗膜は日々劣化していきます。 それを塗り替えもせずに放置すると、雨漏りを引き起こしたり下地の柱を腐らせてしまうことにつながる可能性があります。

 よく例えられるのが、私たち人間の「皮膚」です。 特に夏は紫外線が強く、日焼け止めクリームを塗らないと日に焼けてしまったりシミができたりと様々なトラブルを引き起こしてしまいます。 家も皮膚と同じで、塗装で守ってあげることが重要です。

2018年3月25日

平塚市M様邸リフォーム工事が始まりました④

リクシル シエラ

キッチンセットの設置作業です。

写真は、設置後の写真です。

今回は、リクシルさんのシエラでデザインしました。

 

仕様は、

シンク:ステンレス スキットシンク 汚れがスムーズに流れお手入れ楽々。

水栓:浄水機能付きハズフリー水栓 手動で操作するよりも効果的に節水できます。

レンジフード: お手入れをラクにする工夫がたっぷり。

ガスコンロ: 解体前のガスコンロを移設しました。

: 木目調のクリエアイボリー 汚れが拭き取りやすく、お手入れ簡単な扉です。

食器洗い乾燥機: 浅型タイプの5人用

 

調理やお手入れのしやすさ環境にもやさしいお客様もご満足いただけた素敵なキッチンに出来上がりました。

次回は、全容がご紹介できると思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

2018年3月18日

平塚市M様邸リフォーム工事が始まりました③

下地作業中

下地作業が始まりました。

壁の中に断熱材を入れ、石膏ボードを張った状態です。

窓もキッチンのサイズに合わせて取付完了。

このあとは、フローリング貼りの作業に進みます。

フローリングは永大産業 セーフケアダイレクトを使用しますす。

このフローリングは、高齢者向けの施設や住宅におすすめの人にやさしい製品です。

畳に近い衝撃吸収性能をもっているので、万一転倒しても衝撃を吸収するので、けがをしにくい製品と言えると思います。さらに耐傷性と耐久性に優れています。

次回はキッチンとフローリングの出来た状態をご紹介できると思いますので、よろしくお願いいたします。

2018年3月11日

平塚市M様リフォーム工事が始まりました②

解体作業始まりました。

キッチンの解体作業が始まりました。

今回は、キッチンセットを撤去し既存の石膏ボードを撤去後

断熱材(グラスウール)も撤去します。

グラスウールは湿気等により断熱性能が低下してる場合があるので、

今回のお宅の場合、西日対策もあり高性能の断熱材(旭ファイバーグラス アクリアネクスト断熱性能等級4)に入れ替えます。

窓も複層ガラスサッシ(リクシル デュオPG)に交換です。

まだまだ始まったばかりですが、引き続きよろしくお願いいたします。

2018年3月4日

平塚市M様リフォーム工事が始まりました。①

キッチンリフォーム着工前

今回は、I型キッチンセットの移動、交換

リビング、キッチンの床の張替え、壁紙の貼り替え工事です。

写真は解体前

キッチンセットを大幅に移動するので、大掛かりな工事です。

工事の内容については、順次説明していきますので、お楽しみに!

2018年1月4日

新年明けましておめでとうございます。

2018戌年

                    新年明けましておめでとうございます。

 

 昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。 皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。                   

アトラスホームスタッフ一同

2017年2月15日

広々天然木のテラスデッキ 完成 平塚市Y様邸 No,2

デッキ

デッキ

ご報告が遅くなりましたが、テラスデッキが完成いたしました。

 

広さは、6帖ほどの広さがあります。

手すりはなく、道路面側に高さ2mの目隠しフェンスを造りました。道路からの目線も気にならないので、リビングにいてもテラスにいても気になりません。

 

デッキ

デッキ材は東南アジア原産のクスノキ科の『ウリン材』を使用してます。 ウリン材はデッキ材としては耐久性に優れ耐用年数30年と言われています。(環境によって違いますが)そのため材質は非常に重硬で、加工するには職人さんの技量が必要な特徴があります。

デッキ

 

 

 

のっこた材料の切れ端をくりぬいて

 

お客様 愛犬のネームプレートを作ってみました。

2017年1月26日

広々天然木のテラスデッキ 只今工事中 平塚市Y様邸

ウッドデッキ

ウッドデッキ

リビング前に工事中の天然木のウッドデッキです。

床板を支える根太部分の施工中です。

柱が3本高さの違う部分がありますが、

出来上がりをお楽しみに!

次回、完成写真をUPさせていただきます。

ウッドデッキ

2017年1月4日

謹賀新年

2017酉年

              明けましておめでとうございます。

 

旧年中は格別の御厚情を賜り、誠にありがとうございました。 企業の努力だけではカバーしきれない世界的な流れの中にあって、あらゆる業種の企業が 非常に厳しい状況に直面しています。私たちスタッフ一同も、『お客様に喜んでいただく』という 基本にたちかえり、地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。 本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。  

          

                                                               アトラスホームスタッフ一同

TOPへ戻る

資料請求 無料見積もり お気軽にお問い合わせください。 フリーダイヤル 0120-64-3331
建物施工事例
外構施工事例
CONTENTS
おすすめ商品
お客様の声
サービス内容
料金について
スタッフ紹介
イベント案内
よくある質問
お仕事の流れ
スタッフブログ
塗装工房
MAP
INFORMATION
会社概要
求人情報
リンク集
個人情報保護方針
サイトマップ
お問い合わせ
for MOBILE
アトラスモバイルでいつでもどこでも最新情報をGet