ハイクオリティーなこだわりの「住まい」と「お庭」

HOME > 塗装工房

塗装工房

何故?塗装工房なのか

本来、塗装工事は、建物を有害な紫外線や、雨風で痛む建物を保護するために、重要な作業です。
と同時にほとんど点検が出来ない外回りの足場を立てる事により、間近で点検出来るチャンスとも言えるでしょう。
しかし、住まいのメインテナンスで重要であるべき塗装工事のはずが、作業内容も各会社により、まちまちであり、又、金額もまちまちというのが現実です。
私どもが見ても、これが 塗装して3年なの?と驚くようなひどい施工、又、足場も単管だけのぐらぐらしたもので、こんな足元で、きちんとした仕事が出来ないだろうというものが、今 でも沢山あります。プロから見てもこの状態ですからお客様は、何を信じていいのかわからない。と、なるのだと思います。
ひどい話ですが保証書と書いてある一枚のお札を信じますか?

そこで、当社は新築・リフォーム工事を行ってきましたがもう一歩踏み込み塗装工房を始めることにしました。
塗装工房ですから、お客様からお住まいの情報を頂き個々に違う住まいに対してもっとも効果的で、経済的な工事を目指しまそして一番大切なことですが、お施主様が塗装の知識や、塗料の特徴、そして確実に行わなければ行けない施工の内容を知ることに重きをおきます。(此の事こそがお客様の疑問や不安を取り除くはず)

まずは、誰でもわかる '塗装のツボ'をご覧になってください。

株式会社アトラスホームが提案する塗装工事の新しい進め方です。
当社は、新築・リフォーム・外構工事を平成12年より平塚市中心に展開し、現在は、年間100件を超える工事をさせていただいております。そして、当社の一番の特徴と言えるの、営業マンがいないという事と、設計から、工事、職人の手配、材料の発注まで、社内の中で全て行っていることです。

私どもの仕事は、本来請負業と言われるものですので、営業マンが必要ない仕事だと考えています。お客様が希望していることや、相談したいことは、直接、経験 や、知識が有るものが、窓口になるべきですし、職人さんの、事も一番分かっている人間が、仕事の相談や図面や見積を作るのですから、一番間違えないのでは ないでしょうか、しかも、営業マンを置けばその分の費用は、お客様に間違いなく負担になります。
塗装工房は、お客様から住まいの相談に対して、効果的で、経済的な工事を目指します。
そして、一番大切なことですが、お施主様が、塗装の知識塗料の特徴、確実に行わなければ施工の内容を知ることに重きを起きます。
このことこそが、お施主様の疑問や不安を取り除くのではないでしょうか・・・

足場の話

塗装工房2

仮設工事と言われる物です。作業する為に、必ず必要なものでありますが、工事が終了するとなくなります。つまり、費用がかかるが、何も残らない物と言えます。
一般的な家でブラッケット足場なら15万くらいかかります。
100万の工事として、1割~2割に相当しますので、費用の割合は大きいです。
先ほど費用を掛けても何も残らないといいましたが、それが一般的な考え方かもしれません。しかし、実際には、大きなものが残ります。
そ れは、工事の内容です。職人さんになった気分で考えてください、パイプだけでグラグラした足場の上でいい仕事が出来るでしょうか。本来お施主様は、家を綺 麗に、又外部を保護する為に、塗装をするわけですから、足場は、足場業者に依頼し、作業性の良い足場を立てる事が必要です。
その為の費用もきちっと計上しなければ本末転倒になってしまいます。
ですから、足場を見ればその業者さんの仕事に対する姿勢が分かるかも知れません。

既存の壁・屋根の話

まずは、今お住まいの家の外壁や屋根材がどのような仕様かです。
外壁の場合サイディング・モルタル(塗り壁)・金属等屋根なら、瓦・スレート・金属それぞれに使用する塗料が変わります。又、築年数や手入れの状態によっても使用する塗料や施工方法が変わります。

既存の壁に対する注意点

サイディング

>塗装済みのサイディングは、使用したサイディングのグレードによりまちまちですが塗膜の持ちはかなり良いはずです。
注意点は、コーキングの状態です。サイディングの塗膜よりコーキングの方が先に劣化することがあります。コーキングが割れたりしていると、そこから雨水等が浸入することにより、建物本体にダメージを与える可能性もあります。
コーキングの補修は、打ち直しと打ち増しがあり、接着はしているがコーキングがやせた状態なら、打ちまし・コーキング自体に割れや損傷がある場合は、打ち直しとなります。
次 に現場で塗装したサイディングの場合は、塗装した材料が分かると良いです、代表的には、溶剤系の塗料か、水性系の塗料に分けられます。どちらの系統の材料 かによって、下地材が、変わりますので、どちらか分からないときは、業者さんに相談しましょう。既存の塗料と新しく使う塗料の相性が悪いと塗装後に割れ、 はがれの原因になります。それと、コーキングの状態は、先ほどの塗装してあるサイディングと同様注意が必要です

モルタル

仕上げ方も多種多様で表情が豊かな外壁ですので、最近又人気がある外壁です。皆さんが一番気になるのは、クラックと言われるひび割れと汚れやすさだと思います。外壁のひび割れは、大きなものだと、家の構造部に、雨水等が浸入し家にダメージを与えます。
現在は、弾性タイプと言われる伸縮性のある、下地用塗料や上塗り塗料が有りますので、ひび割れ等を塗料で保護する方法もあります。
リシン壁のようにつやを出さず、ゴツゴツしたような仕上げの場合先ほどの弾性タイプの塗料を使うと、表面の仕上げが全く変わりますし、つやが出ますので今までの雰囲気とは違う家になります。今の壁が気に入っている場合は、ペンキを使わず左官仕上げのほうが良いでしょう。
どちらにしても、大きなひび割れは、建物の構造から発生する場合が有り得ますので、建築士に見てもらうほうが良いでしょう

金属

通常トタンと言われるものは、亜鉛メッキ鋼板と言われるものです。
鋼板を亜鉛メッキの塗膜で保護しております。塗膜が薄いので傷がつくと直接鋼板面が外気に触れるため、サビ等が発生し腐食が始まります。
もし、塗膜に傷があればすぐに、ペンキ等で鋼板面の保護が必要です。
最近良く使われるガルバ鋼板とは、鋼板の上にアルミニウムと亜鉛の合金メッキを施し、その上に樹脂系の保護塗料を塗ってありものが多いでしょう。トタンなどの金属外壁より3~5倍位の耐久性があると言われています。

既存の屋根の注意点

金属屋根

外壁で触れたことと同じだと思います。よく使われるのが桟葺きと言われる金属屋根です。先ほどの外壁で説明したものと同じ素材ですので、どのような仕上げかが問題です。
亜鉛メッキであれば、やはり早めのメインテナンスが良いと思います。
又、金属屋根は、塗膜の損傷が鋼板にすぐ影響を与えますので、日頃の点検が必要です。

瓦・スレート

瓦 やスレート(カラーベストコロニアル)は、もともと防水性の高い屋根材と言われていますので、色褪せしていても屋根材としての性能は、あまり変わらないよ うです。ですから塗装をする場合は、美観のみを追求する場合に行う工事と言えるでしょう。塗装をしたからと言って、屋根材の寿命が延びることはありませ ん。
又、カラーベストを塗装した場合に、雨漏りが発生することが稀にあります。
原因は、ローラーで一気に塗装したことによるものが多いようです。
もともと、カラーベストや瓦は、一枚一枚の部品の組み合わせで出来ています。
雨水等は、隙間から下に落ちるようになっていますが、ローラー等で一気に塗装すると、塗装の膜でふたをした状態になり、進入した雨水が逃げ場を失い、屋根の中に溜まり屋根本体を傷めたり、雨漏りを引き起こします。
ですから、一枚一枚塗るような作業をする必要があります。
慣れた職人さんは、塗装後に縁切りと言って、一枚一枚の隙間を作る作業をします。ここまでやれば安心でしょう。
本 来屋根は、ルーフィングと言われる防水紙で雨水の浸入を防いでいますので、屋根の点検はそちらを確認する必要があります。ルーフィングを見ることは、難し いですが、屋根裏に入れる家ならば、(多くの場合2階の押入れとかに点検口があるはずです。)屋根裏から野地板の状況を調べましょう。
もし野地板がずぶずぶしていたり、濡れていれば、屋根自体の防水に何らかの問題が疑われます。すぐ専門家に判断してもらったほうが良いでしょう。

塗り替え時期

何年に一回という話もありますがそもそも塗装は、外壁や屋根を塗膜で覆い保護しているわけですから。現在の塗膜の状態がポイントになります。
今、お住まいの屋根・壁の状態で判断するべきでしょう。
判断の基準を列記いたします

塗り替えの目安

以上のことが該当してきたら、塗り替え時期といえるでしょう。
出来れば一年に一度くらいは、我が家をひと回りしてよく見ていただけたほうがいいと思います。
但し新築で始めての塗装となれば、ある程度目安は出来ます。

新築の目安

何故新築だけ目安が出来るかといえば新築時は、ほとんどの場合既製品ですので、ある程度品質が安定しています。一度手を入れた場合はその工事材料や仕上げにより品質がまちまちですので、年数よりげんざいの状態を目安にしたほうが、良いと思います。
尚、瓦・カラーベストと言われる材料の場合、素材を保護為の塗装と言うより、美観がメインの仕事になります。つまり塗装をしたからといって瓦や、カラーベストの耐久性が良くなるということはありません。
屋根自体の耐久性を求める場合は、葺き替えが必要でしょう。

塗料の話

塗料は大別すると、下地用と上塗り用に分けることが出来ます。
最 近は、下地を省略できるといわれるものもあるようですが、メーカーの話では、下地の状態によるとの但し書きが付きますので実際は、下地を処理するべきで しょう。下地材を使用する理由を少しだけお話します。そもそも下地材とは、塗ろうとしている素材を保護し、小さな傷や穴をふさぐために行います。
そして、仕上げに塗る上塗り用塗料の食いつきよくします。

下地用塗料の話

下地材はシーラーと微弾性フィラーが良く使われます。
シーラーは、素材に薬剤を吸い込ませ表面を固め、上塗りの密着を良くする為に使用します。
微弾性フィラーは、塗装しようとする壁に細かい傷や穴がある場合に使用します。
つまり微弾性フィラーは、厚めに塗装できるのが特徴です。但し、微弾性フィラーは、密着性がシーラーに劣るので下地の風化が著しく、粉っぽい場合は適しません。
下地の状態が悪い場合、シーラーを塗った後フィラーを塗る場合もあります。
塗装のサイクルを7年くらいで考えている場合は、どちらの下地材を使用しても大丈夫だと思います。一概には言えませんが、サイディングは、シーラー、モルタルの場合は、微弾性フィラーが、向いているかもしれません。
ちなみに使用量はシーラー1缶100㎡、微弾性フィラー1缶50㎡位が目安のなると思います。

上塗り用塗料の話

通常上塗りは、同じ塗料を2回に分けて塗装します。
もっとも安価な塗料で石油缶1缶5000円以下、高価なもので10万以上の物まで多種多様です。耐久性は、主成分である樹脂の系統によって違います。(上塗り塗料は、缶で、130平米位が目安になります。)
樹脂の系統は、アクリル・ウレタン・シリコン・フッソ の4種類に大別されます。

上塗り塗料の塗り替え目安

以上がメーカーでうたわれている耐久性の目安となります。
まずは、ベーシックなところで耐久性からどの系統のものを使用するか検討したほうが良いでしょう。
金額は、皆さんの想像通りアクリル系が一番安価でフッソ系が高額になります。
次に、それぞれの系統別に硬質タイプ・弾性タイプ低汚染性・防カビ性・防藻性・透湿性・などの特徴を付加したものがあります。
お住まいの持ち主なら、この辺はジメジメするからカビや藻で苦労したとか、外壁に小さなひびが入ると気になるなど経験値で判断してみてください。
一見ややこしいですが、特徴を上手く見切れば更に効果的に塗装することが出来るでしょう。尚、カタログやインターネットで、塗料の特徴を見ることが出来ます。
大金を払って行うものですから、ぜひ検討してみてください。
以外に、車や、家電製品なんかは、カタログを山のように積み上げる人でも外壁は、施工店任せなんて多いですよ。若し、要望やお困りのことがあれば、具体的に相談することが大切です。どのような塗料を選択するか、どのような仕上げにするかが、工事の成否を決めます。
当社に言っていただければ、カタログ等は用意します。
但し郵送か取りに来ていただくようになると思います。

工期・工程の話

まずは、塗装工事における標準的な工程は下記の表のようになります。

塗装の工程

工程は、その作業に関わる人数と建物の規模・傷みの具合によって決まります。
一概に言えませんが、延べ床面積35坪、外壁面積180㎡として

塗装の工期

作業者が1人とした場合の工期になると思います。
2人になれば単純に工期が半分とはならないでしょうが、これも目安になると思います。塗装は、何重にもかさねて仕上げますので、必ず乾燥させる必要があります。実際の工事は1~3人位が適切でしょう。
必要以上の人数を掛けても、工程が短くなるものではありません。
又、塗装面の乾燥が十分出来ずに上塗りをしてしまうこともあるので、注意が必要です。又、その他に屋根・雨戸・樋・木部等の塗装が必要な場合は、工期が変わります

見積の話

今までお話して来た内容に単価を掛けて積み上げた数字が見積となります。
見積を依頼するときに気を付けることを列記します。
① 見積を依頼する場合は、塗装のプロに(塗装にも資格があります、経験や技能試験を考慮し一級塗装技能士、二級塗装技能が良いでしょう)現場を確認してもらい 見積を依頼しましょう。それと、できれば建築の資格を持っている人と2人で見てもらうと安心ですね、と言うのは、外回りのメインテナンスも兼ねると言う事 にも繋がります。
② 塗装する範囲を明確に示してもらう。塗装工事では、外壁・屋根金属部分・破風・鼻隠し・軒裏・庇・水切り・雨樋・ベランダ・その他鉄部・雨戸・木部など。
③ 塗装する面積を明確に提示してもらう。間違っても坪いくらみたいな数字は、最初の大まかな目安でしかありません。同じ建物の坪数でも外壁の面積は、まったく 違うのが普通です。依頼した会社が下請けの業者を使って塗装工事をしている場合、受注後下請けにこの金額で工事するようにと指示しますので、金額と面積に 大きく開きがあるとそれなりの工事になる可能性があり非常に危険です。
④ 塗料の使用量を明確に提示してもらう。稀に塗料を多めに希釈して使う話も聞きます。多めに希釈すると、塗料も少なくて済むし、塗りやすくなるので、業者に は、都合が良いですが、お客さんには、あまり歓迎されないことです。出来れば、塗料の説明と、選択理由、使用量を明確にして貰った方がいいと思います。真 面目に仕事をしている業者は、かえってこの位話が出来ると嬉しいかも知れませんよ。(塗料の説明の中で使用量を書きましたので参考にして見て下さい)

以上で、塗装のツボの話は、終わります。 最後までご覧頂きありがとうございました。少しでもお役に立てれば光栄です。

TOPへ戻る

資料請求 無料見積もり お気軽にお問い合わせください。 フリーダイヤル 0120-64-3331
建物施工事例
外構施工事例
CONTENTS
おすすめ商品
お客様の声
サービス内容
料金について
スタッフ紹介
イベント案内
よくある質問
お仕事の流れ
スタッフブログ
塗装工房
MAP
INFORMATION
会社概要
求人情報
リンク集
個人情報保護方針
サイトマップ
お問い合わせ
for MOBILE
アトラスモバイルでいつでもどこでも最新情報をGet